このエントリーをはてなブックマークに追加

冷酒グラスで焼酎を嗜む

ひんやりと澄んだ空気が、冬の訪れを告げる季節となりました。
冬支度を始める街並みや景色を見渡すと、時の流れが本当に早く感じます。

今回は当店で人気ランキングの常連さん、「冷酒グラス」を紹介します!
菊文や魚子文などの伝統的なカットを施しながら、飲みやすいように口は広く、
女性の手にも収まる程の大きさで持ちやすくなっています。
そのデザインは現代的な印象です。
本日は冷酒グラス(金赤)に焼酎の水割りを入れてみました!

鹿児島といえば焼酎も有名です。
とろりとまろやかに香る焼酎と、きらめく薩摩切子はあなたをくつろぎの時間へといざないます。

↑色:金赤・藍

おすすめの楽しみ方は
グラスに半分ほど焼酎を注ぎます。
上から覗き込むと、水面に薩摩切子の輝く色ガラスが写りこみ、美しいきらめきが広がっています。
また、冷酒グラスの底は少し高さがあります。
底面に菊文のカットがしっかりと入っているので、焼酎のゆらぎがより一層光の花弁のようにきらきらとテーブルを彩るでしょう。

冷酒グラスはカラーバリエーションも豊富です。
シックで深い色合いの紅・藍。
鮮やかで華やかな印象の金赤・島津紫。
黄金色に煌めく黄色。
澄んだ艶やかな緑。

↓写真は金赤・黄色・島津紫

あなたはどの色で至福のひとときを味わいますか?
お気に入りの一色を見つけてみてください!

冷酒グラス(金赤)のページはこちら

島津薩摩切子オンラインショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事